読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国語力アップ×メンタル強化=がっつり成績アップ術 プロフェッショナル心理カウンセラーYappyのブログ

プロフェッショナル心理カウンセラー&塾講師・家庭教師(国語・社会)Yappyの学力アップブログ

たまには英語も~「It is 形容詞~」構文

高校入試で結果を出すために、国語を教えています。

プロフェッショナル心理カウンセラーのYAPPYです。

 

今日は、英語の構文で特に重要な、以下の構文について書きます。

○It is 形容詞for人 to動詞(不定詞
(「人」にとって「動詞」することは「形容詞」だ。)

この構文をマスターするかしないかで、受験本番の点数は5点くらい違うんじゃないかな?
入試の中に、必ずといっていいほど、英作文が出題されます。
そして「○○語以上で書け」というのがほとんど。

そんなとき威力を発揮するのがこの構文です。

例:It is fun for me to study English.(私にとって英語を勉強することは楽しい。)

これを、簡単な文章で表現すると、I like English.(私は英語が好きだ)
くらいの文章になってしまうかもしれません。3語が8語になるのは大きなアドバンテージ。
活かさない手はありません。まずは、歌にして覚えましょう。

ここで重要になるのが、「人」は目的格として表現されるということ。
きちんと覚えていますか、それぞれの「目的格」を。(↓これですね。)

とりあえず、暗記するしか方法はありません。


次にポイントになるのは「形容詞」というところです。

国語の授業では、終止形が「~い」で終わるのが形容詞、「~な(だ)」で終わるのが形容動詞だとお伝えしてきました。でも、英語の場合は、これだけではありません。
だからこそ、それぞれの単語を暗記するときに「品詞」を意識するのはとても重要な要素になります。
ざっと、覚えていきましょう。中学生だったら70語くらい覚えれば大丈夫でしょう。

 

まずは、「~い」「~な(だ)」の形容詞(形容動詞)から覚えよう!

bad 悪い beautiful 美しい big 大きい busy 忙しい clean きれいな 

close 近い cold 寒い cool 涼しい dark 暗い difficult むずかしい 

early 早い easy 簡単な enough じゅうぶんな famous 有名な 

far 遠い fast 速い fine 天気のよい、元気な glad うれしい 

good よい great 偉大な happy 幸せな hard 困難な high 高い 

interesting おもしろい kind 親切な large 大きいlate 遅い  light 軽い  

long 長い new 新しい  nice よいold 古い  poor 貧しい 

pretty かわいい rich 裕福な right 正しい short 短い  

small 小さい sorry 残念な strong 強い tall 高い warm 暖かい 

young 若い  (43語)

ここまで覚えれば、英作文には対応できます! 明日にでも覚えてしまおう!

 

次にそれ以外の形容詞を覚えよう!

all 全部の another もうひとつの any いくつかの(否定文・疑問文で) 

both 両方の dear 親愛なる different 異なった each それぞれの 

every あらゆる few (数が)ほとんど~ない left 左の l

ittle 小さい、(量が)ほとんど~ない many (数が)たくさんの 

much (量が)たくさんの other 別の popular 人気がある no 全く~ない 

next 次の ready 用意のできた same 同じ right 右の 

some いくつかの sick 病気の such こんな、そんな、あんな useful 役に立つ 

(24語)

※単語には、「形容詞」としての用法と、「名詞」として使われている用法があるので、気をつけよう!

 

ちなみに、24年度の福岡県英語の英作文はこんな問題でした。

I’m going to visit Japan with my family this summer.

Please tell me a good place to visit in Japan.
「上の文章に、あなたならどのような返事を書くか。(35字以上で)。」
実際の解答例としては、Fukuoka(ここは任意の地名を選ぶ) is good place to visit.から続けて書き、福岡のことをオススメするのですが・・・。

最後文字が余ったら、It is fun for me to see you & your family。とか入れておけば10字稼げますよね。
今日お伝えしたかったのは、そういう話です。(実際に会えるかどうかは、文脈からは読み取れないので会う前提で書いても、たぶんOK!)