国語力アップ×メンタル強化=がっつり成績アップ術 by Yappy

高校入試の点数を上げる「メンタル術×国語メソッド」を中心に、いろいろ書いています。

4歳の息子「それ、恥ずかしくないと~」私「」

今しがた、ブログを書こうとしていたら、4歳の息子に言われました。

 

「それ、恥ずかしくないと~」(方言込み)

標準語訳「そんなブログを書いて、恥ずかしくないのでしょうか?」

 

 

 最近買った、この本について書こうと思っていたのです。

哲学用語図鑑

哲学用語図鑑

 

 

凄く、恥ずかしいです。

 

軽く、さらっと読んだくらいで、哲学を語ろうと思っていたこと

軽く触ったくらいで、哲学⇒心理学の流れをセミナーにしようとしていたこと

そもそも、ブログそのものを書いていること、等々

 

全部、恥ずかしいです。

 

自分の底の浅さを、息子に見抜かれてしまった。

まさか、こんなにも本質を見抜く目を息子が育てているとは・・・、

あなどれん。

 

アダムがりんごを盗っている絵を見ながら

f:id:YappyHappy:20160126234432j:plain

「柿を盗って、社長に持っていく、サラリーマンの物語」

をアドリブで作って読んでいる息子を見て、

(漢字は読めないんで、絵だけで作ってます。)

 

こいつ、明らかに、俺より才能あるんじゃね?

と親馬鹿に思ったり。 

意外に本質を突いている物語な気もするし・・・。 

 

 

いつか息子やその友人もこのブログを読む日が来るかもしれない。

そのとき、ひとつでも、ためになることがあると嬉しい。

頑張れ、俺。恥ずかしくないブログへ向かって。

 

 

完全に余談ですけど、

恥ずかしながら、卒論は、

トマス・アクィナスの『神学大全』の「自由意思」について書いたんですよ。

哲学科みたいなところにいたんで。

何書いたか一切、覚えてないけど。

 

鬼みたいな話で、いまだに申し訳ない話なのですが、

 

卒論提出日の4日前から取り掛かったんだけど、

流石に間にあわないっていうので、無理言ってお願いして、

 

私が適当に本見ながらしゃべっているのを、

当時の彼女が全てタイプしてくれたという、

淡い想い出。

 

かつ、その出来上がりを自分で確認していないという。

 

で、私の担当だった先生が、半年前に転職(引き抜きで別の大学へ)しており、

トマス・アクィナスの『神学大全』について詳しい先生が誰もいなくなる、

というミラクルが起こり、

誰もきちんと評価できないってことで、なあなあの感じで卒業できたんですよね。

一留してたのもあるでしょうが。

まあ、大学卒業時奇跡の中でもトップクラスではないでしょうか。

 

そういえば、大学に入った時もけっこうなミラクルだったですね。

その時の高校でNO.1の奇跡と言われましたからね。

なんてったって高校3年の11月に停学くらってましたからね。冤罪で。

 

まあ、その話は、またいつか。

 

想い出は、恥ずかしい話ばかりですからね。

元気かな、あのときの彼女。ありがとな。

 

あ、 『哲学用語図鑑』は、挿絵がわかりやすいので、超オススメです。