読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国語力アップ×メンタル強化=がっつり成績アップ術 プロフェッショナル心理カウンセラーYappyのブログ

プロフェッショナル心理カウンセラー&塾講師・家庭教師(国語・社会)Yappyの学力アップブログ

福岡県の高校入試 国語で50点~①戦略編~

国語 高校受験 学力アップ

塾講師のYAPPYが本気だします。

 

今日からシリーズで、

福岡県の高校入試、国語で高得点(50点)をとるため、

具体的な内容を書いていきます。

初回は「戦略編」。中学生は必読です。

 

福岡県高校受験の入試は、1教科60点満点、5教科で300点です。

まず、全教科50点とることが、

地域のTOP高に合格する最低条件といってよいでしょう。

 

修猷館高校、福岡高校、小倉高校、東筑高校

といったところが有名校ですね。

 

国語で、50点取る方法を戦略的に考えていきます。

 

①論説文②古文③随筆④作文

という4章構成で出題されています。

 

まず、タイムマネジメントです。

時間は45分。あっという間です。

 

ここで提案したいのは、

「一旦最後まで終わらせること」「わからない問題はとばすこと」

です。

 

でも、なかなか、わかりそうでわからない問題に出会うと、

先に進めないのが、人情というものです。

ですので、時間配分を先にきめましょう。

 

私が提案しているのは、

①論説文 10分

②古文 7分

③随筆 8分

④作文 10分

⑤見直し 10分

です。

 

まずは、この時間内で解けるように、過去問などで訓練します。

各単元ごとの解放は、別記事で解説します。

 

 

⑤見直し10分には、解けなかったため、とばした箇所も含まれます。

この、見直し10分には、大きなメリットがあります。

 

 

考えてみてください。

「間に合わなくて、できない問題があった・・・」

「見直しで、一問間違い見つけた!」

の違いを。

試験終了後のメンタルを想像してみてください。

 

次の数学に与える影響は、少なくないと思います。

これが、メンタルの重要性です。

 

 ※余談ですが、私が大学受験のセンター試験を受験したとき、国語の試験後、トイレから戻ってこない人がいました。本当に残念でなりません。1教科できなかったくらい、長い人生の中ではちっぽけなものなのに・・・。

 

まず、大切なのは、メンタルです。

緊張を如何に味方につけていくのか、です。

 

50点奪取のための記事は続きます。次回以降をお楽しみに。

 

 

 

 

ちなみに作文に関しては、以下の記事で詳しく書いています。

yappyhappy.hatenablog.com