国語力アップ×メンタル強化=がっつり成績アップ術 by Yappy

高校入試の点数を上げる「メンタル術×国語メソッド」を中心に、いろいろ書いています。

読書『ムーン・パレス』

どうも、活字中毒のYAPPYです。

国語力とメンタルを鍛え、成績アップを目指すこのブログ。

 

国語力は読む量に比例して上がるとお伝えしています。

 

てなわけで、読書についても触れていきます。

(ここは私の個人的趣味を語るページでもあります)

 

前回、ポール・オースターに触れました。

そのポール・オースターの著作の中でも一番好きなのは、

『ムーン・パレス』

です。

貧乏大学生必読の著。

 

私生児として生まれ、母を若くして亡くし、叔父さんとくらす主人公。

大学に通いながらも、叔父さんをも亡くしてします。

 

働くことを拒絶し、叔父さんが残してくれた膨大な本を少しずつ売りながら、

日々の糊口をしのいでいく。

底辺の暮らしの中で、自分の生きる意味をみつめていく。

 

そんな生活が続くわけもなく、

生活は破たん。下宿を追い出され、浮浪者のように暮らす。

 

限界の生活の中、友人に拾われ、

新しい生活を模索していく中で、

自分のルーツに辿り着いていく。

 

西へ西へと進みながら。

そして、父、そして祖父は。

 

 

といった、あらすじです。

西へ進んでいくというのは、

アメリカにおけるフロンティアと重なっているのでしょう。 

 

 

主人公が貧乏暮らしをしている中で、

食べるものと言ったら、完全栄養食品の、卵だけ。

 

一日2個のゆでたまごだけを楽しみに生きているのですが、

 

そんな生活もそろそろ限界を迎えようとしていたある日、

彼は

卵を落としてしまうのです。

 

その時の描写が、垂涎。

 

たった1個の卵を落としただけなんですけど、

それこそが、

絶望なのです。

 

本当の、絶望って、こういうものかも。

でも、この物語には、希望が満ち溢れています。

 

貧乏大学生”だった”あなたにも超オススメ。

 30代後半から40代男性にも、久しぶりに読書してほしい。

 

 

主人公が再出発を友人たちとムーン・パレス(という中華料理屋)で祝ったとき、

フォーチュン・クッキーの中から入っていた紙片には、

「太陽は過去であり、地球は現在であり、月は未来である」

との言葉がありました。

 

繰り返し、月はモチーフとして登場します。

 

先ほどの、落ちた”卵”にも、月をイメージします。

最後に残された未来がてのひらから、すり抜けるイメージ。

 

あなたにもきっとあるはず。

未来が手のひらからすり抜けて落ちる!と思った経験が。

 

でも、今、あなたは、そうやってしっかり生きている。

 

 

月は、希望であり、未来なんですね。

 

ポール・オースター最高です。

 

 

その他の著作にも、『ムーン・パレス』に連なるような要素がけっこうあるので、

始めの1冊はこれがおすすめです。 

ムーン・パレス (新潮文庫)

ムーン・パレス (新潮文庫)