読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国語力アップ×メンタル強化=がっつり成績アップ術 プロフェッショナル心理カウンセラーYappyのブログ

プロフェッショナル心理カウンセラー&塾講師・家庭教師(国語・社会)Yappyの学力アップブログ

目標設定にイメージトレーニング①

イメージトレーニング 目標設定 メンタル

 いつもありがとうございます。

成績を上げるカウンセラー(でありたい)Yappyです。

 

最近、目標設定について書いていますので、もう少し掘り下げたいと思います。

 

ここまでは、どちらかといえば、

「人生の目標」「人生の在り方」の重要性。

そして、

親子で「人生の目標」を話し合うことの重要性。

について触れてきました。

 

 

今日は、具体的な目標設定→達成法をお伝えしていきますね。

受験生や、部活で結果が欲しい生徒や、その保護者様には、

かなり即効性のある話だと思いますm(__)m

 

 

 まず、目標は、

その対象を、知らないと設定できません。

 

こう書くと、一見当然に見えますよね。

 

 

でも、

実際に受験する高校を、

志望校として決める前に、

実際に訪問してみる生徒はそんなに多くないです。

 

また、

遠くの学校で、

部活の県大会などがあるとき、

事前に訪問してみる生徒もほとんどいません。

 

私立は学校見学などのイベントも盛んではありますが・・・。

(ちなみに僕は高校受験の時は下見しませんでした。)

 

 

部活の時と、受験では、話が違うようにも思いますが・・・。

 

ここでは、受験の話をさせていただきますね。

 

こういった状況になっている背景には、

適当に成績順で入れるところを志望しているから。

という状況があるのではないかと思います。

 

自分の偏差値がこれくらいだから、

これくらいの学校を目標にしよう!みたいな。

 

 

はっきり言いますが、

これでは力がでません。

 

自ら勉強したいと、思うようになるはずがありません。

 

 

では、

特に、今年受験の生徒には、大きな声で伝えたいと思います。

 

まず行ってみよう!!!

 

志望校を決める際に、

いろんな高校を見に行ってみよう。

見学会などのイベントにもどんどん参加しよう! 

 

そして、街の雰囲気、通っている生徒たちの雰囲気、先生たちの表情。

そんなものを、ぜひ見てほしいです。

 

そのうえで自分がその高校に行きたいかどうかを、じっくり考えてみてほしいのです。

 

 

そのとき、イメージの力を活用してください。

 

想像して・・・・、

 

自分がその高校に通っているとして・・・、

 

その時の自分から・・・、

 

何が見えるか

何が聴こえるか

どんな感じがするか

 

想像できました・・・?

 

 

そしたら、今、どんな気持ちでしょうか。

 

Happyな気持ち?

ブルーな気持ち?

 

その湧き上がる気持ちを大切にしてください。

 

 

 

自分で選んで、決めたほうが後悔しません。

心が動いた方に寄り添ってください。

 

そして、その時の、自分の感覚を信じる。

 

自分の感覚って、自分で思っている以上に、自分を知っています。

 

あなたが、意識の上で考えていることの何倍も、あなたの感覚のほうが正しいことを知っていると、私は思います。

 

確かに、

ひとつでも上の高校に行ったほうが、

ひとつでも上の大学に行ける可能性が増える。

って考える人もいるかもしれません。

 

でも、それは、安定した暮らしを送ることができる、「確率」がちょっと増えるだけの話じゃないでしょうか。

 

本当に「やりたいこと」させたほうが、幸せかもしれませんよ。 

 

ちょっと長くなったので、イメージトレーニングの具体例については、次の記事で。